前へ
次へ

ロンドン留学はイギリス留学の醍醐味です

日本人の英語力を飛躍的に高める方法があります。それはイギリス留学です。イギリス留学でもその最高峰はロンドン留学であると言われています。その最高峰はあの有名なオックスフォード大学であり、またケンブリッジ大学であります。この二つの大学は世界のトップレベルの大学として有名です。ちなみに日本の東京大学は世界で70番目くらいのランクにあります。オックスフォード大学やケンブリッジ大学がいかにすごいかそれで分かっていただけるのではないでしょうか。せっかくイギリス留学を決心されたのであれば、これらの最高峰の大学を目指すのも一つの正しい道であります。ですがその合格率は極めて小さく、狭き門と言われています。それだけに合格したときの喜びはひとしおのものがあります。日本人が英語力を飛躍的に高めるためには、イギリス留学が一番最適ですが、それには理由があります。イギリス留学では他の国々よりも日本人が少ないからです。留学先に日本人がたくさんいるだけで英語学習の妨げとなってしまいます。できれば日本人が一人もいないような大学を狙ってイギリス留学を果たすのが良いことです。人間追い詰められればかなりの能力を発揮できるものです。そのためには日本人はできるだけいない方が良いのです。またこれから近い将来東南アジアで活躍されたい人達にとっては、イギリス留学が理想的な選択肢となります。それには理由があります。イギリスで使われている言語がクイーンズイングリッシュであるからです。そして東南アジで使われている言語も同じクイーンズイングリッシュです。これは戦前の植民地政策の影響です。例えば西暦1912年くらいの世界地図を見ればそれは一目瞭然です。東南アジアで独立国は大日本帝国とタイ王国の2カ国だけです。その他の国々はフランスとイギリスの植民地でした。このような歴史の背景があるので、東南アジア諸国では英語が公用語として広く話されているのです。これはビジネスに限っても全く同じことが言えます。ビジネス英語はイギリス起源のクイーンズイングリッシュです。東南アジアで身を立てようとすればイギリス留学が最短コースです。

Page Top